元通勤チャトレまーとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋のウラ騒ぎ〜素敵な恋愛の裏側にあるデートDV〜

<<   作成日時 : 2012/08/09 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


この会、今回で3回目になるんですが、今回のテーマは
パートナーシップ

第一部は、turn to スマイルの宗像美由さんのプレゼンで
素敵な恋愛のウラにあるデートDV
の話を聞いたよ

2001年にDVに関しての法律ができて、法律で保護してもらえる人も
増えたとのこと(逆を言えば、その前は警察などが取り締まることが
できなかったのです)

ちなみに、今時の若者に「どうして恋愛をしたいの?」と聞くと
一人は寂しいからとか、みんなしている(日本人っぽい意見だな)と
答える人が居るとか。。。半ば義務の様だな

あとね、暴力の原因っていうのは、
「ある人に暴力を振るってもいい」
と思ってることなんだって(ほっといても直りません)

デートDVをもたらす考え方としては、

・カップル単位で恋愛観がある
・力による支配
・ジェンダー(社会的に見た性別)

というものがある。例えば「あんたは男なんだから、2人分支払って
当たり前でしょ?」という言動とかね
実際に男だから〜しなきゃいけないとかってないよね?

2人は同一人物じゃないんだから恋愛観が全く一緒なんて
言うわけはないし、力がある方に服従しなきゃいけないなんてことは
ないし(そもそも、こんなの恋愛じゃない)

DV予防の方法も教えてもらいました♪
まずはDV認識力を付けること

・関係は対等で非暴力的
・ジェンダーフリー
・シングル単位的恋愛観
↑1人1人の幸せ、恋愛はしなくてもいい、
プライバシーは尊重する、気持ちと行動は別

プレゼンを聞くまで、DVっていうのは必ず通報して、
加害者と接しないようにしないと何とかならないと思っていたけど
自分たちでDVの関係を修復するという方法もあって

「私」を主語にするI(アイ)メッセージを相手に送ることということを習って、
4つくらいのグループに分かれてDV彼氏とIメッセージを伝える
彼女の役を演じました♪

ちなみに、私はDV彼氏の役を演じました(達成感)
台詞としては「休日は俺と過ごすのが当たり前だろ」的な感じ

この場合のIメッセージは
「あなたと過ごす時間も大事だけど、友達との時間も大事なの。
付き合っていくうえで、一緒にいる時間は長いしね♪」
と言う感じ

DV彼氏役の私は「そうだね」と了承して終了。

あっ、DVの症状がひどい場合は、
信頼できる人に相談することが大切です

ちなみに、DVかどうかを見分けるサインは
お互いが笑顔で居られるかどうかです♪

宗像さんについてはこちら↓
http://ameblo.jp/turntosmile/entry-11262521616.html


↓ポチっとお願いします♪(バナーをクリックすると、票が入ります)

人気ブログランキングへ

ブログランキング

チャットレディーランキング



峯岸みなみ SOUTH DVD
ワニブックス
2008-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 峯岸みなみ SOUTH DVD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

恋のウラ騒ぎ〜素敵な恋愛の裏側にあるデートDV〜 元通勤チャトレまーとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる